水中写真と美味しいもの

rikamao.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 25日

グラントスカルピン

f0216817_0171265.jpg


今日(3/25)であの大震災から2週間経ちました。
この大震災で亡くなられた方の御冥福を心よりお祈り致します。
そして被災されたみなさまが、一日も元通りの生活ができるようになりますよう、心よりお祈り致します。

今朝、ようやくグラントスカルピンのオーナーガイド佐藤長明さんの奥様でガイドさんの佐藤凡子(なみこ)さんと直接電話で話ができました。
無事だとはわかっていましたが、生の声を聞くともう、涙涙でした。。。
ホント生きててくれてヨカッタ!!
まだまだタイヘンな状態だろうけど、思ったより元気な声を聞かせてくれて、近況を話してくれました。
今は凡子さんたちご家族は北海道の凡子さんのご実家にいらっしゃるそうです。
スタッフの金子さん、大祐くんはそれぞれの実家にいったん避難というか、帰ってもらっているそうです。
これからのことを前向きに考えておられ、自分たちのことでタイヘンなこのときなのに、ゲストのみんなから預かっている器材のことやダイブチケットのことなどを気にしていました。
もう少し時間が欲しいと。。。
そんなこともっと落ち着いてから後で考えればいいのに、なんと責任感の強いことでしょう!
そういえばダイビング中も写真を撮りやすいようにガイドしてくれるだけでなく、安全面に関してもこれ以上ない、というほどちゃんとしてくれていました。なので減圧症になった後も安心して通っていたショップなのです。 Decoタンク持ち込みもイヤな顔ひとつせずOKだったし。

そんな素晴らしいダイビングショップの復興を願うダイバーも多いこととと思います。
以下のようなグラントスカルピンの復興を願って義援金口座ができました。
ぜひともみなさまのあたたかい応援、支援、お見舞いをお願い致します。



「グラントスカルピン復興支援の義援金口座」を開設しました!

七十七銀行 札幌支店 普通預金5206553 口座名義「グラントスカルピン」 
*お振込み手数料は各自負担にてご了承下さいませ。

日本で唯一クチバシカジカに会える海を町を応援しよう!

口座開設の主旨をご説明させていただきたいと思います。
この口座は、営利目的のもでもなく、ダイビングサービスグラントスカルピンの口座とも関係ありません。
グラントスカルピンの名前由来のクチバシカジカをはじめダンゴウオ、オコゼカジカ、スナビクニン、ウミクワガタ などなど・・・
数々の愛らしい生物とその生息する水中を、ダイビングや水中写真を通し紹介してくれ
私達を何度も感動させてくれたのが、南三陸町・志津川の海であり、町に唯一のダイビングサービス「グラントスカルピン」

そんな、グラントスカルピンにぜひともこの被災から立ち上がる姿を日本中の人々に、世界中の人々に、見せて欲しい!!そして、再び私たちにあの素晴らしい海を日本中に世界に伝えて欲しい!!

私達も再び、一緒に潜り、クチバシカジカやダンゴウオ達に逢いに行きたい!!

そんな、気持ちを同じくするダイバー仲間の声から、少しでもあの海のあの町の復興に携わる「グラントスカルピン」に役立ててもらえれば・・・と言う主旨でこの口座を開設しました。
あくまでも、グラントスカルピンを支援する有志で構成される任意団体の口座です。

ですから、公的基金と違い振込手数料も各自でご負担いただくこととなりますが、それも義援金!とご理解・ご協力いただければ幸いです。

口座開設には
美人銀行員さん
にいろいろとご尽力いただきました。

以上の文面は
みかんちゃんのブログ
より引用させていただきました。


そして私もできるだけのことをしたいので考えたのですが、うちの治療所に来ていただいた患者様からいただく治療費の五千円の1割、つまり500円をこのグラントスカルピン義援金口座と日本赤十字に半額ずつ、寄付させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

一日も早い復興を願って!!



グラントスカルピンのゲストのみなさまに伝言です。
PCも全てなくして顧客データがなくなったので、お時間あるときにpostmaster@gruntsculpin.com まで名前や住所など個人データを送ってほしいとのことです。励ましのメッセージとともによろしくお願いします!!



写真は抱卵中のクチバシカジカ(♂)(英名:GruntSculpin)2010年1月志津川で撮影。
[PR]

by mao-rika | 2011-03-25 23:58 | 水中写真


<< 三陸の海は生きていた      海で逢いたいVol.15 東京... >>