2011年 03月 12日

志津川

f0216817_21511218.jpg


みなさまご無事でしょうか?
たいへんな天災が起こってしまいました。
マグニチュード8.8(改め、マグニチュード9)最大震度7の国内観測史上最大の三陸沖地震。(改め東日本関東大震災)
昨日の午後3時前、都内でもモノスゴイ揺れでもうダメかも、ついに来た!!
と思ったほどでした。
治療中でなかったのが幸いでした。
私は無事です、治療室は壊れたものも何もないです。

しかし被災地である三陸沖のことが気がかりでまだ治療室にいます。
昨夜の夜行バスで行ってまさに今志津川で潜っているハズだったのです。。。

いつもお世話になっている、ダイビングサービスのグラントスカルピンの方々が心配なのですが、
他にも心配していらっしゃる方も大勢いらっしゃると思うので今現在わかっていることを書いておきますね。

オーナー夫妻の佐藤長明さんと佐藤凡子さんはカナダに行ってらっしゃるそうでご無事、スタッフの金子剣一郎さん、斎さん、佐長のお母さんと妹の知子さんとひまりちゃんとムギ(犬)は避難してやはりご無事ということです。
あとはスタッフのだいちゃんと、船長の力さんが心配です。。。
どなたか安否ご存知でしたらぜひ教えてください。


大規模な人探しサイトもできました。
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
どなたかの安否確認したい方はぜひアクセスしてみてください。
以下はNHKで流していた電話番号です。こちらも安否確認できると思います。
03-5452-8800
050-3369-9660
050-3369-9650

これ以上被害が広がりませんように!
海の生き物たちも無事でいますように!
他の地域でも海の近くの方、どうぞ気をつけてください!
海沿いでなくてもまだ気を抜けませんね。
安全な場所に帰れてない方、どうぞ気をつけてお帰りください!


3/15追記:佐藤長明&なみ夫妻は帰国して今日〜明日志津川に車で向かっているそうです。
スタッフの金子剣一郎さん、池田大祐くん、斎香子さんは避難所になっているベイサイドアリーナにいらっしゃるそうです。 

グラントスカルピンのHPやBBSも再び見れるようになりました。
BBSにはコメントも残せます。
ぜひ励ましのコメントもお願いします!


写真はおよそ一年前の1月に逢った抱卵中のクチバシカジカ。
日本では南三陸志津川でしか確認されていない魚です。
おとうさんが卵を守っているところです。
[PR]

by mao-rika | 2011-03-12 11:54 | 水中写真


<< 海で逢いたいVol.15 東京...      耳抜き検査 >>